オーバーウォッチ

ゲーム記事

オーバーウォッチの概要と感想・おすすめ・評価・レビュー

FPS初心者も始めやすい!個性際立つキャラクターのシューターゲーム!

  • 対応機種:PlayStation4、Xbox One(海外のみ)、PC、Nintendo Switch
  • 発売日 :2016/5/24
  • ジャンル:FPS
  • 発売元 :ブリザード・エンターテイメント、スクウェア・エニックス(2019/6まで)

おすすめ度:★★★★★

  • とっつきやすさ:★★★★★
  • 爽快度    :★★★★★
  • 中毒度    :★★★★★
スポンサーリンク

概要 -どんなゲーム?-

「世界はヒーローを求めている」

今より未来の世界が舞台、個性ある能力を持つヒーローたちの6対6の一人称アクションシューティングゲームです。
プレイヤーはヒーローを選択し、能力を活かして相手チームと戦います。
ヒーローには役割があり、前線で壁となり押し進めるタンク、攻撃の要となるダメージ、回復・支援を行うサポートがおり、現在は30人以上のヒーローをプレイ可能となっています。

オーバーウォッチとはヒーローの組織であり、かつて反乱したロボット集団オムニックとの戦争に勝利しました。このようにオーバーウォッチには重厚なストーリーがありますが、ゲーム本編にはそれほど表現されておりません。YouTubeにアニメーションとしてストーリーや各ヒーローの背景となる話がアップされていますので、興味のある方はぜひご覧になってください。

アップデートも頻繁に行われ、ルールの変更(※1)、ヒーローの性能変更や新しいマップが増えたり、特に新しいヒーローが追加されたりと、飽きない仕様となっております。

※1 以前はチーム内で同じヒーローが選べたり、役割が4つ(ディフェンスというのがありました)あったり、現在のルールのロールキュー(チーム内の役割の人数が決まっている)がなかったりしました。(2019年12月現在)

システム

ルールはマップ毎に異なります。主に陣取り(攻守に分かれているものとともに攻めのもの)と、攻守に分かれてのペイロードという車の護衛・運送です。
相手をキルすることが必ずしも目的でなく、いかに占拠するかが大事となっています(といっても占拠するためにキルは大事ですが)。

ヒーローには個性があり、それぞれが持つアビリティも様々です。自分の時間を戻す、敵の位置を察知する、味方を守る盾を張る、回復などなど…。
そして何より、各ヒーローはウルト(アルティメットアビリティ)という必殺技をもっています!
大ダメージを広範囲に与えるものや敵を拘束するもの、周囲のヒーローや銃弾の攻撃力を上げるものなど、強力な必殺技です!
ウルトは時間経過のほかダメージを与えたり回復することでゲージが増加し、100%までたまると発動可能になります!
ウルトを状況を見て、時には連携し発動することで一発逆転を狙えるところがこのゲームの醍醐味でもあります!

FPSやってみたいけどちょっと怖い…そんな人におすすめ!

実は自分もFPSはちょっとしかやったことないけど、がっつりやってみたい、でも抵抗もある…というタイプでした。
その理由としては、

  • あまり活躍できない(うまくない)
  • 活躍できないのが周知される

の二点が大きいです。
前者はその通りですが、後者は特に肩身が狭く感じます。大体のFPSではキルをいくつしたか、デスをいくつしたかが結果画面で見れてしまいますので。
しかし、オーバーウォッチは違います!自分の成績は敵味方ともに確認することができません。
また、ゲーム終了後に最大4人、「この人はこんなに活躍したよ!一番活躍したと思う人に投票してね!」という投票画面が出ます。
つまり、活躍した人がピックアップされることはあれど、うまくいかなかった部分は隠されるので仲間の目が気になってしまうプレッシャーからは解放されます。

スポンサーリンク

エイムが下手だったりFPSが苦手…でも大丈夫!

エイム(敵を狙い銃弾を当てる精度)が苦手だったり、うまく立ち回れないなどFPSが苦手な人はそんな思いを抱えているかと思います。
しかし、オーバーウォッチでは、必ずしも敵をキルすることだけが目的でないのです。
例えば、エイムが苦手ならそれを必要としないヒーローをピックアップすることで解決できます。
自動で敵に接続するビームを持っていたり、ショットガンや凍らせる冷気を放つ、または近接武器をぶん回す近距離系のヒーローもいます。
また、メインが攻撃参加よりもサポートに徹するキャラクターを選ぶことも有用です。回復行動や、敵を弱体化したり、スピードアップしたり、盾で守ったり…ダメージ以外の役割を選んで活躍することもできます!

たまにクイックプレイ(ランクとかない自由なゲーム)で「苦手だけどこのヒーロー使ってみようかな~」など触ってみて、すこしずつ上達していくといいと思います!

野良のソロプレイでも大丈夫?

大丈夫です!以前は違いましたが、今はソロプレイ(フレンドとやらない)の人はソロプレイ同士しかマッチングしません。
ランク戦なら本気度は高いので必要かとは思いますが、クイックプレイならボイスチャットなども必要なくできます(というより、あまりしている人を見ません)。
コミュニケーションは簡単なジェスチャーがありますので、それでやりとりすることができます。
ウルトがたまったら「ウルトたまったよ~」というジェスチャーをすると、味方強化のウルトを持つ人が合わせてくれたり、結構楽しいです笑。

カジュアルな、また他のFPSとは違った醍醐味のあるゲーム!

豊富なキャラクターがいることで、千差万別な活躍ができるオーバーウォッチ。
近々オーバーウォッチ2も発売されることが決定しております(2019年12月現在)。
FPSが得意な人はもちろんですが、苦手な人も手に取ってみてはいかがでしょうか。
世界はヒーローを求めています!

タイトルとURLをコピーしました